ほた丸の独り言

日々楽しい時間

其のニ

TEAM NACS 第16回公演

PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて~

 

私の愛してやまない北の演劇集団 TEAM NACSの本公演

前回の悪童から約三年… 今回はリーダー森崎博之さんが演出するとあって期待していた

 

(勿論、悪童も良かったが私的にリーダー演出作品の方が好きでして…)

 

 

スモークが劇場内に立ち込める

照明が落ちる

そしてNAOTOさんのバイオリンが響き渡る

 

透明の暗幕に映像が浮かび上がり 出演者の写真が次々に出ては消える

 

一瞬にして劇場が戦場へとかわりその世界観に惹き込まれる

 

 

物語は第二次世界大戦終戦の日から三日後、ソ連軍が占守島に攻め入ってきたところから始まる  

 

史実を元に作られた本作は勿論フィクションではあるのだがきっとこんな事が本当にあったのだろう…そう思わせるほどリアルだった

 

戦争ものではあるがそこはNACS

お得意の笑いもしっかりと組み込まれ、ファン垂涎の内輪ネタ(リーダーが音痴など)も随所に散りばめられており重苦しいだけには留まらない軽快なテンポ感で進められていった

 

登場人物もメンバーそれぞれのキャラクターが上手くマッチしておりとても魅力的だった

 

どこか頼りないが人の良さが滲みでて人間味溢れる少尉

 

部下思いで優しさに溢れたユーモラスな軍曹

 

過去に縛られ仲間の亡霊に苦悩する整備兵

 

素直で真っ直ぐで可愛らしさすら感じる二等兵

 

そして全てを失い絶望の中泣く事すら出来なくなってしまった歩兵

 

 

この五人が偶然出会い、共に戦うことで生まれる絆

 

TEAM NACS五人のリアルな関係性とオーバーラップした

 

 

 

 

5人5様それぞれバラバラとも思える演技で個性がぶつかり合い反発するかと思わせるが五人が集結すると絶妙なハーモニーを奏でるように物語が紡がれてゆく

 

 

物語終盤の安田さんの演技は鬼気迫るものがあり圧巻であった 

圧倒的な存在感、、、あの瞬間あの場の誰もが彼の演技の虜になったはずだ 私は目が離せなかったそして涙を抑えることができなかった

 

 

 

これぞまさにTEAM NACS

 

そう思わせる見事な舞台だったと思う

 

そして多くの人に観てほしい

 

そんな素晴らしい舞台だった

 

 

 

 

 

 

 

其ノ壱

はてなブログ、お初に何を書こうかな…と頭の中を色んな言葉が浮かんでは消え、消えては浮かび、また消えて、、、

 

ここはやはりKAT-TUN沼に落ちたお話でもしようかな…そう、自分の記憶の整理の為にも(老化が激しい)

 

そもそも私のジャニーズ好きは幼少期の光GENJIから、、今思えば内海くんが私の初恋の人だったように思う

 

優しそうでカッコイイお兄さん

 

小さな私はそんな所に惹かれていたと思う(ナマイキw)

でもそれより何より好きだったのはあの細くて折れそうなカラダ!

細い!

長い!

骨!

鎖骨!←?!w

 

余談だが私はレイザーラモンよりアンガールズを選ぶ程ガリガリ好きだ(極論)

 

話が逸れたが光GENJIを経て、その後同時期の男闘呼組、忍者、SMAP(あすなろ白書までのキム様)、V6(三宅健様→森田剛様)、そして黄金期のジャニーズJr(大坂俊介君!)……と大学生になるまでほぼずっとジャニーズが好きだった!

(まぁ大学生になった途端一旦ジャニーズからは離れてしまう訳ですがそれはまた改めて語らせて!←察して!大坂君が好きだったコトを踏まえて!!)

 

さて前置きが長くなりましたが、ジャニーズから身を置き相当な時間が過ぎ、一時期は「へ?ジャニーズなんて!ヲタク?恥ずかしい!!」なんて尖ってた時期を経て大人(BBA)になった私は毎年年越しにジャニーズカウントダウンをテレビで見るのが恒例となる程には丸くなってた

 

 

だけどね

 

 

 

あのね

 

 

 

 

 

 

 

尖ってた頃に現れたKAT-TUNがどうしても肌に合わず……

ってかぶっちゃけKAT-TUN嫌いでした!!!!←言いきった!!w

 

なんだろう…自分もツンツンしてたからか「なんやコイツら…チャラチャラしやがって…」

なんて思ってた

って言っても、その頃の私が認知してたのは仁赤西と亀梨和也田中聖くらいであとの三人は名前はおろか存在すら知らなかったくらいで、ワイドショーネタとして仁赤西がどっか行ったり戻ってきたり田中聖が坊主だったり素行が悪いんじゃね?くらいの知識で勝手に毛嫌いしてたところはある

 

でもそんなもんじゃない?

世間一般のイメージってこんな感じじゃなかった?!←自分を正当化(焦)

 

そんな感じ(どんな感じ?)で丸くなったとは言えKAT-TUNにさほど興味も無かった私…

 

 

そんな私が彼等に興味を持つキッカケとなったのがベストアーティスト2015

 

赤いコートの四人が神妙な面持で並んで重大発表したまさにあの時

 

 

その時は「ありゃりゃ!」くらいにしか思わなかったが「こりゃ大変だな…ファンの皆さんお辛いやろうね…」「これからどうなるんやろうね…」なんて少しずつ彼等に興味が湧き…

 

その後の大型歌番組で注目して観て……

 

 

 

ん?

 

 

 

何?

 

 

 

 

 

 

この曲…

 

 

 

 

 

 

 

え、、、?ジャニーズってこんな感じの歌歌うの?

何何?!え?腰振るの?!なに?!

なになになになに?!この人!!

こんな風貌で腰振るの?!

 

 

 

 

 

 

それが「KISS KISS KISS」を歌い踊る中丸雄一を見つけた瞬間の私

 

 

もうね…雷に打たれたって言えばいいの?

バズーカで撃ち抜かれた?

いやテポドンドカーン?

 

…まぁ何にせよそのカラダと無表情と冷たい視線にクギヅケ

 

何よりもマイクを持つ美しい手と長い指にこれまで誰にも感じたことの無い色気を感じてしまったのですよ

 

 

次の日にはソッコーCD屋さん(言い方w)へ駆け込み血眼で『KISS KISS KISS』を捜しまわってたよね…

見つからなかったケド…

 

仕方なく購入したのが『quarter』魂の初回限定盤だったのは自分史上最大のファインプレーだったことは言うまでもない

 

 

 

 

 

 

それからはもう毎日『中丸雄一』を検索しまくり、様々な人のブログを読み漁り、YouTubeさんのお世話になり、Amazonさんでポチッとする日々

 

 

 

 

 

 

年が明ける頃には立派に沼にアタマから突っ込んでおりましたとさ

 

 

あんなにも嫌がってたKAT-TUNに…

 

正直戸惑いもあったし何よりも

「この年でジャニーズかい?」

って気持ちとの葛藤で悶々としたけれども走り出した恋心?これはもうノンストップさベイベー…

ほら障害がある程燃え上がるのが恋ってもんじゃない!?←なんか違う?w

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで無事、中丸雄一とKAT-TUNの沼に落ち、今に至る、、、

 

沼に落ちてからの日々はまた別の機会に綴ってみたいと思う

 

 

 

 

 

 

何やかんやと書き連ねてきましたがとりま今の私は

 

 

KAT-TUNサイコー!!

ユウイチナカマル愛してる!!

ビバ!ヲタク生活!!!

 

充実のヲタク生活に感謝しつつ

この言葉で占めたいと思います

 

 

 

ありがとう…中丸雄一!!